バナースタンド製作のメディアサイズについて

バナースタンドを製作する際は、やはりスクリーンの大きさを決めることが重要になります。サイズが小さすぎてもスクリーンの宣伝効果が小さくなりますし、大きすぎても設置するスペースが必要となります。宣伝効果と設置場所などを考慮して大きさを変更する必要がある場合は、サイズとしてメディアサイズがおすすめとなります。メディアサイズの場合は縦と横とで3段階ほどの種類から選ぶができます。横サイズの場合は最小で450mmから選ぶことができ最大700mmまで設定することが可能です。縦サイズであれば最小で」1200mmから設定することができ最長では1700mmまでの大きさにすることができます。個人まりとしたスタンドであれば小学生くらいの大きさを選び、広いフロアなどにおく場合は大人の男性ほどの大きさのものまでサイズが可能なので、使用する状況やメディアに応じて利用できるサイズです。

バナースタンド製作のブラックサイズについて

バナースタンドを製作する際に、設置する場所などによって案内などに利用するさいは人の目にとまることが重要となります。そのため製作するにあたって重要なのがサイズになります。遠くからで見つけることができ、また近くにあっても邪魔にならないというのが理想です。スクリーンサイズのなかで適しているサイズとしてはブラックサイズとなります。サイズとしては高さが2種類あり1600mmタイプと1800mmタイプとなります。横サイズは510mmから650mmタイプと600mmから700mmタイプになります。高さが1600mmタイプは女性の平均身長よりやや高いくらいの大きさです。1800mmは男性の平均身長から10センチほど見上げるタイプとなります。どちらも人の慎重ほどの大きさなので、邪魔になりませんが目を引く大きさとなります。案内板としてはとてもおすすめなサイズです。

バナースタンド製作のバナーLスタンドについて

バナースタンドの利用方法の1つとして、イベント会場などで設置される案内や広告などがあります。とくに会場入り口をお知らせするものや、イベントの内容自体などを宣伝するものなどに使用される場合は、スタンドのサイズも大きいサイズを利用することがおススメです。バナースタンジオを製作する際のサイズとしては、バナーLスタンドサイズが一番適しています。まず縦のサイズは2000mmと十分な高さをだすことができます。横のサイズは2種類あり600mmと900mmとあり、これも十分な幅が確保されています。スタンドの前に男性や女性でも人が経ってしまっても、それよりも一回り大きなスタンドが背中からはみ出す形になるので、目を引きやすく目立つ大きさになります。イベント会場などで入り口などが分からなくならないような案内が必要となるため、一番目立つ大きさのサイズの1つといえます。